So-net無料ブログ作成
検索選択
動画blog ブログトップ

動画ブログ用ネタ [動画blog]

 さて、技術的にどうなのよ、という話ばかり考えまくってしまい、肝心のどういうビデオを撮るか、ということがおろそかになってた気がしないでもない。

というわけで、なんかネタがないかと探してます。
ぐるりと部屋を見回したところ、ちょうどよさげなものを1つ発見。
そうか、これなら1分くらいになるかも。

 早速買ってきたばかりの三脚をセットしてテストショット

 最初撮ったところではちょっとピンボケになってしまったので、マニュアル見ながら調整してみる。どうにか圧縮すればある程度ごまかせるくらいの画質にはなったので、これはどうにかクリアかな。

 で、肝心の内容。当初1分くらいでどうにかと思ってやってみたんだけど、考えてたよりも時間がかかる。大体150秒くらいかな。最後はある程度詰められるとしても、真ん中はノーカットで、となると時間的にかなり厳しそう。

 今のままだと、50kbpsがせいぜいなので、音声をカットしてサイズをQCIFにしても5fpsがせいぜい。ためしにこの条件でエンコードしてみたところ、ガタガタというかボロボロ。さすがにこれは厳しい。

 となると、動画には96kbps以上は欲しいので、そっちにまわすために音声はカット。それでも90秒がせいぜいかなぁ。となると、正味は今の半分くらい。これはこれで厳しいなぁ。

 いくらか運の要素もあるとはいえ、あと10日くらいでそこまで短縮できるか微妙かな、ルービックキューブ6面揃え


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:日記・雑感

動画blog実験:動画サンプル [動画blog]

 動画変換ですが、話だけではなかなか説明するには厳しいなぁと思ったので、実際に変換した動画をいくつ作ってみました。

 とはいえ、まだここは対応してませんので、so-netのホームページサービスの方にとりあえずのサイトを作って、そっちの方に動画を置いてみました。使用ソフトや機材などはそっちにまとめてあるので、それで見比べてみてください。

 ちなみに、撮影日の10月1日は都民の日で入場無料でした。おかげで子供連れで大混雑していました。子供連れの声は、動画にも環境音としてそのまま入ってます。

 サンプルにした動画は、3つのムービーを1つのファイルにまとめて、長さを調整して1分に加工してあります。それをもとに、エンコード条件を変えて4つの動画を作っています。

 あまり動きが激しくないので、画質的には大きな差は出ていませんね。さすがにコンパクトデジカメだと手ぶれにも気をつけないといけないな、とそういうところが気になります。

こうして見比べてみると、240x180って思った以上に小さく見えますね。320x240というのはかなりギリギリの線なのかも。

時間的に見ると、1分というのはそれなりの長さになると思いますので、このあたりがいいところなのかもしれません。

それにしても、なかなか写真と同じ感覚で動画を撮るというのは難しいですね。写真を撮るのとは別の視点が必要になりますし、なにより細切れに撮りすぎて1シーン5秒とか、極端に短くなってしまう。

これは、修行が必要だな。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

[勝手企画]BLOG Movie Convention 2005(案) [動画blog]

 So-net blogの動画対応を勝手に応援するために、こんなものを企画してみました。

タイトル
 BLOG Movie Convention 2005

・主催
 きっとあたし

・後援
 So-netさんになってほしいけど、いなくてもがんばる

・開催期間
 2005年10月21日~2005年11月21日

・内容
 動画blogで発表される自作動画を繋ぎ、お互いに動画を楽しみましょう、という企画。

・参加方法
 エントリーページに対するトラックバック
 視聴者は、それをたよりに動画を見に行き、面白ければcommentを書く

・参加資格
 So-net blogにblogを開設していること。

・参加要綱
 対象 未発表の自作の動画
 規定 ファイルサイズ :1MB
    動画フォーマット:MPEG4
    イメージサイズ :320x240(QVGA)以下

※ So-net blogの動画ファイル規定に従う

・参加作品に対する注意点
 参加作品に他者の著作物を使用する場合、あらかじめ許諾をもらうなど権利関係をクリアにしておいてください。

 動画blogはじまったら、しばらくは動画あるところ探してまわるのかな。
 カテゴリに動画blogっていうのが出来てればいいけど、普通に画像置くのと同じ感覚だとわざわざカテゴリ作ることもないかもしれない。
 それなら、どこかポータル的に使えるところがあると便利よね。

 というわけで、あたしが探し回るの面倒だから、という理由で考えたというのが真相(笑)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

宿題への回答 [動画blog]

結局、一カ所設定ができてないせいでした。
ちょっと設定見直したらおかしいところを発見、そこだけ直したらH.264もイメージサイズも自由に設定できるようになりました。

さて「1MBで1分くらいになるといいな」と考えていてふと思い出したのがMP3のビットレート。あれって、128kbpsだと1分1MBってのを概算に使いますよね。

ということは、足して128kbpsになるようにオーディオビデオにビットレート振り分ければそれなりに見れる動画になるかな、と。

そんな感じでいくつかテスト。

・オーディオ/ビデオのビットレート振り分け実験
 決め打ち部
  イメージサイズ 320x240(QVGA)
  フレーム    12fps

 テストパタン(1) ビデオ  : 96kbps & オーディオ:32kbps
 テストパタン(2) ビデオ  :104kbps & オーディオ:24kbps

 結果
 ビデオのビットレートによる違いより、オーディオの変化の方が気になりました。24kbpsだとかなりノイズが気になります。モノラルにしてますが、それでもやはり64未満は厳しいのかもしれません。オーディオのビットレートは8の倍数にしておいた方がよい、という話がありますので、ここは(1)の設定を使った方がよさそうです。なので、今後はこっちを基本設定にしてみます。

それで、引き続き

・イメージサイズ/フレーム数の設定実験

 決め打ち部
  ビデオ  : 96kbps & オーディオ:32kbps

 テストパタン(1) イメージサイズ 320x240(QVGA) フレーム 12fps
 テストパタン(2) イメージサイズ 240x180    フレーム 15fps

 結果
 イメージの大きさとフレーム数は好みによりますね。動きの激しい映像であればフレーム数を稼いだ方がよさそうですし、動きの少ないものならQVGA/12fpsでもどうにか見られます。ここは一概には結論出せなさそう。画像の大きさをとるかなめらかさを取るか。公開する映像によってケースバイケースとした方がよさそうですね。

この辺は、実際に公開する動画によっていくつかテンプレ化しておくとよいかも。


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog

動画ブログまでは遠い [動画blog]

これまでの流れ

So-net blogが動画対応する告知を見た作者。
動画対応を開始する10/21には、タイアップ品であるDSC-M2も発売される。
動画対応に興味はあるものの、10/21発売の品を買って即日アップというのは作者のスキル考えればやさしく言っても無謀
だったらその前に動画撮れるカメラを買ってしてしまえ、とCASIO EXーZ750[AA]を購入。
機材はどうにかした。次はアップするデータの作成法だ。

というわけで、今度はデータの作成方法をいろいろと調査中。

変換だけならWindowsでもそれなりに揃ってるけど、編集となるとやっぱりフリーではちょっと厳しいみたい。
ただでさえデジカメ買ってしまったので金欠だから、ソフトはなるべく安上がりに。

ということで、mac miniにたしかiMovieHDというのがついてたな~、というのを思い出して使ってみることに。

チェックポイント

CASIOのデジカメで撮れるMPEG-4は、実はMS-MPEG4という微妙に別種のものらしく、Macにそのままでは読み込めない。なので、CASIOのサイトのここから、CASIO AVI Importer component Macintosh版というのをダウンロード※してインストール
これで、QuickTimeで再生できるだけでなくiMovieでも扱えるようになる。

※ユーザ登録した人のみDL可能

デジカメで撮ったサンプル動画は、以下のとおり。

・LPモード
・収録時間51秒くらい
・約5MB強のデータ。

デジカメのデフォルトなので、ビットレートは約745kbpsというところらしい。

読み込みは問題なかったので、今度はこれをもとに変換してファイルサイズをみてみる。
ここを参考に、モードを設定しようとしてみるんだけど……

あれ? QuickTimeからH.264が選べない?
うーん、とりあえず、MPEG4の標準画質にしてみよう

あれ? イメージサイズのカスタムが選べない?
とりあえず320x240のQVGAでやるしかないのかな

なんか全然自由にイメージサイズとか選べないんですが、何でなんでしょう?
もしかしてQuickTime7Pro買わないといけないのかしら?
もう少し調べる必要がありそうです。

とはいえ、これでもファイルサイズは半減して2.2MBくらいにはなりました。
その割にはそれなりに見れた画質にはなっていますから、ある程度の効果はあるようです。
あとはやはりイメージサイズをもうちょっと小さくして、ってことになるのかな。QCIFは選択できますが、そこまでいくと小さすぎる。この辺のバランスが難しそうです。

……どうしても解決できなかったら、銀座のジーニアスバーかな?

本日の宿題

・iMovieでH.264を出力する方法は?

・任意のイメージサイズに変更するには?


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:blog
動画blog ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。